どうしてシミが消えなくなってしまうのかを徹底解明!

頑固に消えないシミができる理由!

メラノサイトの暴走
⇒ 30歳前後になると、メラノサイトを制御できなくなり、必要のないメラニンをどんどんつくってしまい状態に陥ることがあります。このメラノサイトの暴走によって、メラニンの排出が間に合わなくなりシミとなってしまいます。
ターンオーバーの遅れ
⇒ ターンオーバーのサイクルは28日といわれていますが、加齢とともにその周期が遅くなり、40~50日へと周期が長くなってきます。すると、メラニンを含んだ肌細胞を排出することができず残ってしまうのでシミになってしまいます。


メラニンが真皮に落ちることも・・・
排出しきれなくなったメラニンは、メラノサイトの下にある真皮に落ち込んでしまうこともあります。真皮のターンオーバーは5~6年なので、真皮にメラニンが落ちてしまうと、なかなか消えなくなってしまいます。

消えないシミに炭酸パックが効果的な理由とは?

炭酸パックでシミが消えるメカニズム!

メラノサイトの暴走
ターンオーバーの遅れ
この2つを改善することが、シミのない肌へと生まれ変わるためにどうしても必要となります。これらの症状は加齢とともに現われるので、その原因は「新陳代謝の低下」にあると考えて間違いありません。そして、新陳代謝を活発にするために必要なのが、「血液循環を良くすること」なのです。

炭酸パックで血液循環が良くなる!
炭酸パックは、強力な血管拡張作用のある炭酸ガスを肌から直接浸透させることができます。つまり、炭酸パックを行うことで、毛細血管の血行改善へと繋がっていきます。ですから、新陳代謝を活発にするはたらきが期待できるので、シミ対策にとても効果的というわけです。

シミ対策におすすめの炭酸パックはこれ!

シミには「リッツスパークリングジェルパック」がおすすめ!

炭酸ガスを高濃度で配合
⇒ 4000ppm以上の高濃度で炭酸ガスを配合することで、肌にたっぷりの炭酸ガスを送り届けることができます。炭酸ガス入浴剤が60ppm程度なので、炭酸ガス濃度が驚異的であることが分かります。
プラセンタエキスを配合
⇒ メラニンの生成を抑えるプラセンタエキスを配合しているので、メラノサイトの暴走を食い止めるのに役立ちます。
ダイズエキスを配合
⇒ プラセンタエキスと同様にメラニンの生成を抑制することができます。また、抗炎症作用も期待できるので、バリア機能が高まり、紫外線に負けない肌へと導いてくれます。


高濃度炭酸ガス+プラセンタエキス+大豆エキス配合は「リッツスパークリングジェルパック」だけ!